京都市中学校ダンス発表会

11月26日 京都市教育委員会 京都市中学校教育研究会体育部会主催のダンス発表会に参加してきました。阪田依誉です。

爽やかな秋晴れの中、子供会館に京都中の中学生が集まり、授業でされたエイサーなど。ずっと中腰で踊る集団演技は迫力と若さが溢れていました。また、京都女子中学校の部活動の創作ダンスは全国大会で4位に輝いた作品などを披露。素晴らしい完成度の芸術作品でした。

その最後にスペシャル講演として社交ダンスの紹介をさせて頂きました。競技会で活躍し、JDSFのジュニア優秀選手にも選ばれ、今年10月に開催された三笠宮では、ラテン準決勝に入った川本竜 弥由の中学生カップル。京都のKダンスカンパニー ダンススタジオDの中学生を中心とする子供達に出演して頂きました。

成熟期に入った今の日本。世の中が目まぐるし勢いで変わりはじめ、勉強が出来れば良かった時代から対応能力、コミュニケーション能力を求められる時代になってきました。社交ダンスは一人では出来ないという特性があり、自ずと人と上手く付き合っていく能力が育っていきます。今一番求められる能力ではないでしょうか。人と上手く関われないでドロップアウトしていく人が増えています。皆で何かをする楽しさを学校で経験させてあげれたら。そのスキルをつけてあげれたら、人と付き合うのが億劫にならずに人の輪が広がるのではないでしょうか。社交という人と関わるスキルを。そして子供達の身体作りにも効果のあるダンスを広めていきたいと思っています。

京都市立芸術大学GMG2016 ミュージカル「PYGmaLion」

今日は、京都市立芸術大学の学園祭で、8月から僕達がダンスの振り付け指導をしてきた、芸大ミュージックグループ略してGMG2016の舞台「ピグマリオン」を鑑賞させて頂きました。作品自体は、1部、休憩、2部でトータル3時間というものでした。その中で3分程ワルツを踊るシーンがあり、主役として踊る子、周りでダンスホールを演出して踊る子達を指導してきました。本番は、今迄のレッスン、個々の練習の成果が実り良い出来で、脚本、演出の方のイメージを壊していないと思います。「自己満足です。」 

今迄は、教える側「生徒」というかたちで教えに行っていましたが、本場を観せて頂き、最初ヨチヨチだったメンバーが、台詞、歌、舞台での演技、自分達の世界では、、、凄く生き生きしていてカッコよかったです。到底真似が出来ないです。脚本、音楽、配役、演出素晴らしかったと思います。3時間あっと言う間でした。

ちなみに席は、満席。 たまたま開演前に列んでいる隣のお客様と話すと 「ここのは、凄いのよ~」
と言っておられました。
GMG2016に協力させて頂き光栄です!ありがとうございました。

教員免許更新講習会 

こんにちは。阪田依誉です。10月22日23日に大阪で教員免許更新講習会が行われ、お手伝いに行ってきました。

筑波大学名誉教授 佐伯年詩雄先生の講義がありました。その中で印象的だったのがこれからの教育について国の方向性でした。「戦後日本は国家を立派にしするために、国家を建て直す人材作りという教育をしてきた。今は日本という国は立派になり、成熟期に入った。安部総理が地方創生と言っている。国が立派になったら、今度は国民一人一人が豊かに。地元が豊かに。良い人材を海外に出すのではなく、地元の為に、国民の生活を良くしてくれる人材を作らないといけない。国際化というのは海外に行くだけでなく、日本に海外から人が入ってくることも意味する。」と。今、中学校受験を控えた子供を持つ親として、学校見学に色々行かせて頂き、教育方針の説明を聞いていただけに、とてもタイムリーでした。

しかし、現場はまだまだ国際化ということを日本を良くすることというよりも、世界ランキングを意識した教育、人材の育成に力を注いでいくようです。そういう教育を受けた子供達は一体どんな大人になり、生きていくのでしょう?

尚更、子育ては親の責任。重く感じています。

小学校の音楽会にワルツ!

こんにちは。阪田依誉です。  今日はとっても涼しい秋晴れの中、阪田員郭先生と滋賀県の小学校に、秋の音楽発表会で2年生がワルツを踊ってくれるということで、依頼を受け、授業に行ってきました。

初めにワルツのデモンストレーションを観てもらったら「お姫様が踊るやつでしょう!」って言ってくれ、女の子もとっても乗り気で取り組んでくれました。

カウントに合わせてステップを覚えて、ペアになって手をつなぎ練習をしました。そのあとワルツの曲に合わせてステップを踏むと、とても落ち着いて、出来るペアが増えたのが驚きでした。音楽はステップする子供達を変えました。曲に合わせてステップする子供達の心には相手を思いやる感覚があったように見えました。

早いリズムの曲で踊るのはとても楽しく、とっつきやすいのですが。ワルツのようにゆっくりとした曲は、お互いが優しい気持ちに自然となれるとてもいい種目だと再認識しました。

成功のポイント

img_1686.jpg

皆様こんにちは 阪田依誉です。

今回お手伝いさせて頂いた学校の先生は、とても楽しく学校で生徒に関わっているのだと感じました。私も楽観主義で、『出来る』と思って色々なことに関わっています。(出来ないことはしていないだけ(笑)なのですが💦)

社交ダンスを子供達にさせる。となると大人は手を繋ぐ、組むなんて出来ない。子供達は嫌がる。と初めから避けていきますが。以外とそうんなことはなく、大人が出来ると思って関わっていけば、子供達は抵抗なく手を繋ぎ当然のごとく組めます。『郷に入れば郷に従え』という諺がありますが、その郷というのは大人の基準で先生の感覚なんです!先生に迷いなく子供達に楽しい経験をさせたい!人との関わりを実体験できる社交ダンスという教材を選んでくれた先生の 目を輝かせ希望を持って取り組まれている顔を見て、しっかりサポートさせてもらいたいと思いました。

未来ある子供達と関わっている先生はとても素敵なお仕事です。一人でも多くの先生の顔を曇らせないお手伝いを微力ながらできればと思いました。

運動会で社交ダンス

img_1673.jpg

お天気が悪い中、9月13日に阪田員郭先生と阪田依誉の二人で、大阪の小学校に社交ダンスを教えに行ってきました。運動会の演目として社交ダンスを取り入れようと、8月にあった教員免許更新講習に参加された先生の学校です。1時間目は運動場で、ジルバのステップを覚えた子供達が体形確認と踊り方のこつを指導。 2時間目は体育館に移動して、ワルツとタンゴのデモンストレーションを学校の生徒皆に観てもらい、そのあと、ワルツの指導をさせて頂きました。ステップは一度学校の先生が教えていたので、組み方、姿勢などの注意点を話、早速皆でペアになってやってもらうと、7割の子供達はすぐに出来てしまい驚きました。出来なかった子もステップを確認すると出来たので、本番に向けとても楽しみになりました。

学校学習としての社交ダンス

wpid-wp-image-552224021jpg.jpeg

こんにちは(‘-‘*)阪田依誉です。9月から、近所にある幼稚園にダンスを教えに行きます!     8月19日学校授業改革学会、20日21日は教員免許更新講習に参加して勉強してきました。   教員免許更新講習では27名の学校の先生に二日間参加頂き、リズムに合わせてステップを踏んで汗だくになって社交ダンスを体験していただきました。とても楽しんで頂けたようで、それを元に10月に小学校の運動会でジルバとワルツを5年生に踊ってもらえます。授業に取り入れたいというお声も頂きました。 社交ダンスってちょっと難しいんですが。『難しいことをやさしく、楽しく、深く』をテーマにもっともっとダンスの輪を広げて行きたいと思っています。

GMG2016 part2

img_1590.jpg

今日も朝から京都芸術大学に行って来ました。またしても、クーラーの無い体育館でのワルツのレッスン2回目です。先ずは前回の復習をしました。ほとんどのメンバーが、足型を覚え、体重の踏み替えが出来るようになっていました。結構練習したっぽいです。レッスンの間に休憩を挟むのですが、その間も練習していました。凄いな〜。

今日は、新たにスピンターン、ダブルリバーススピンを覚えてもらいました。この二つは、なかなか手強かったです、ちょっと心配ですがこのメンバーなら何とかなるかな?また次回が楽しみです!